引っ越し 見積もり 単身

引越しと単身赴任

投稿日:2018年3月4日 更新日:

サラリーマンには、転勤はつきものですね。
自宅購入をすると、転勤になるなんて言う都市伝説もあったりします。
自宅を購入してローンを組んでしまったり、子供が学校に通っていたりすると転勤=単身赴任となりがちです。

単身赴任の引越しのためにやること

会社の単身赴任に関する規則や規程をしっかりと確認して、単身赴任手当の額や帰省手当などの支給される金額を把握することです。
次に会社の基準に合った赴任地の住宅を探すことですね。単身赴任先でも最低限の家電や家具を購入する必要があるため、家具・家電付きの物件がおススメです。赴任地に通いやすく、コンビニやスーパーやクリーニング店が近くにある物件であれば便利です。

次は実際の移動となりますが、家電・家具付きの物件だったり、最低限の家電・家具を現地で調達するなら、衣類などの宅配便で送ってしまうことも可能です。

単身赴任の引越しで必要なもの

転居先で生活するために、本当に最低限のものは、寝具一式とカーテンとトイレットペーパーがあれば、1日2日は何とかギリギリ過ごせます。
そろえておくべき日用雑貨は、ハンガー・ティッシュペーパー・掃除用品・食器洗剤・スポンジ・食器などがあります。
コインランドリーを利用しないで、洗濯機を購入し自宅で洗濯するなら物干しハンガー・洗濯ばさみ、洗濯用洗剤も用意する必要があります。
自炊するなら、フライパンや鍋、包丁・まな板を用意します。
最低限必要な家電は、冷蔵庫と電子レンジですね。

最低限の家電や日用雑貨などは現地調達することがおススメです。

・単身赴任時の住民票はどうする?

単身赴任する時に、住民票をどう扱う?というと単身赴任と言っても、平日はホテルで週末は自宅に帰るというパターンや、3ヶ月程度の短期間なら住民票を移動する必要もないです。
このあたりの判断は曖昧で行政などに確認してもはっきりとした回答は得られません。

住民票を移動しないと、行政サービスの一部が受けられないなどのデメリットはありますが移動させても、児童手当などの手続きや印鑑登録が抹消されるなどのデメリットはあります。

-引っ越し 見積もり 単身

Copyright© 引越し 見積もり , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.